かめ太郎のぼちぼち行こか~マイル旅行編~

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港裏グルメの旅 おいしいお店の探し方

2016年10月15日~18日にかけて3泊4日の香港裏グルメの旅に行ってきました。 どんなところで食べてきたの?と思う方はこちらの記事をご覧ください。 


香港裏グルメ 1日目
香港裏グルメ 2日目
香港裏グルメ 3日目
香港裏グルメ 4日目

香港裏グルメ おいしいお店の探し方(本記事)




本記事では、どのお店で何を食べようか決める際にとても参考になった本の紹介と便利なサイト(アプリ)を紹介したいと思います。これから香港へ旅行に行かれる方にとって参考になると嬉しいです。



香港裏グルメのバイブル


私が行ったお店の多くは香港通の池上千恵さんが書かれた「香港路地的裏グルメ」、「香港女子的裏グルメ」を参考しました。香港に6年間住んでいた著者が見つけた安い!おいしい!お店をたくさん掲載されています。


    



この本を読んでいるとどんどん気分が盛り上がってしまって旅行が待ち遠しくてなりませんでした。大手のガイドブックと違っておそらく池上さんが直接話を伺って聞いたであろうそのお店の裏話がたくさん載せられているのでお店にとても興味がわいてくるんです。



例えば、私が3日目に訪れた民聲冰室というお店、肉がタワー状になっていておいしかったあのお店ですが、店主の麥さんがどんな苦労の末に人気店になったのか裏話が書かれていますので少し紹介します。

実家が飲食店の男性と結婚 → 義両親が相次いで亡くなる → ご主人が失踪 → 雇ったシェフがハズレでどの料理もおいしくない → 麥さん自身が料理の勉強し調理する → 地域No.1の人気店となる。




大変なご苦労をされています。もともと料理人ではなかったため使用する調味料はすべて家庭用として普通に購入できるものばかりだそうです。こんな話を知っていくとやっぱり違いますよね。予め読んでおいて当日一緒に行かれる方に裏話をすれば、きっと喜ばれますね。



他の店舗にしてもどんな思いで始められたのか等書かれていますので大手のガイドブックだけでなくこちらもぜひ手に取ってみてください。



ただ2008年と2011年に書かれた本なので、掲載されている店舗が閉店していたり、中心街から離れた場所へ移転している店もそこそこあります。香港は土地代が高騰しているため昔から地域に根付いて頑張っている庶民のお店であっても継続するのが本当に大変なのがよくわかります。



せっかく選んだお店に行ってみたら閉店していた!ということがないよう、次に紹介する便利なサイト(アプリ)を活用して確認しましょう。


 

香港旅行の必須アプリ OpenRice


香港版食べログとでも言うのか香港人ならみんな使っていると言われる『OpenRice』(オープンライス)をご存知でしょうか?私はこの機会に初めて知りました。香港の食事処を決めるにはとても便利です。
 

 OpenRice香港
 

↑こちらはPC版のOpenRiceです。日本でしっかり調べるにはパソコン版が便利だと思います。
言語は中国語と英語を選択できます。英語を選択しても結構中国語で表示されますけどね。。。



PC版、アプリ版ともに同じですがこの記事ではアプリ版OpenRiceの画像で紹介します。アプリ版では日本語も選択できますが操作に関するところが日本語になるだけで、他はPC版同様英語、中国語になります。 

OpenRice
OpenRice
開発元:OpenRice.com
無料
posted with アプリーチ



それではOpenRiceは何が便利なのかいくつか紹介します。

電話番号検索が便利


例えば雑誌やガイドブックなどで『甜姨姨私房甜品』というスイーツの店を見つけて詳細を調べようと思った時、店名をパソコンやスマホに打ち込むのが大変ですよね。パソコンなら手書きツールから何とかなりますが、スマホからだとどうすればあんな漢字になるのか分かりません(笑)

そんな時は、検索欄にガイドブック等に記載されている電話番号を入力すればOKです。

電話番号検索
 

これだけで甜姨姨私房甜品 (英語名 Auntie Sweet)がヒットしました。

(2件表示されているのは後述します)   
電話番号検索結果
 
電話番号はたいてい雑誌やガイドブックには書いてありますので数字を打ち込むだけで検索できるのはすごく便利です。

   
   

閉店、移転、支店、営業時間などの最新の情報が分かる


先程の本の紹介のところでも書きましたが、香港はお店の入れ替わりが激しく閉店、移転がよくあります。ガイドブックの情報は古いこともあるのでOpenRiceで最新の情報をチェックします。(OpenRiceでも100%最新とは限らないと思いますが、香港人が主に利用していますので本よりかは新しい情報だと思います。)



直ぐ先ほどの画像を見てわかる通り、『甜姨姨私房甜品(英語名 Auntie Sweet)』は移転したようで元の店舗情報には(移転)と記載されグレーになっています。カラー表示されているのが新しい店舗です。このように電話番号検索しただけで移転元、移転先情報が一括で表示されるので便利です。同様に閉店している場合は店名の後に(閉店)と書かれます。




店舗の詳細ページに入りますと住所も記載されていますが、住所部分を触るとアプリ上でGoogleマップが表示され店舗の位置がマークで示してくれるので地図で移転先を確認した方が分かりやすいですね。

 地図の確認




また、営業時間、定休日も記載されているので確認します。この店舗は中国語で書かれていますがなんとなくわかりますね。(月曜~金曜は12時~翌2時まで、土日は15時から翌2時まで)

営業日  

  (星期一:月曜、 星期六:土曜、 日:日曜日)


私が旅行最終日の火曜に行った「妹記生滾粥品」はる○ぶでは定休日なしとなっていますが、OpenRiceでは火曜定休日となっています。事前に調べていても現地で予定を変更した際忘れてしまっては意味がありませんが(苦笑)


 

また複数の支店がある場合、一覧で表示することも可能です。別のお店の例ですが「全支店(16)」をタップすると、支店がずらずら表示されるので画面右上のMAPアイコンをタップします。
  
支店の確認  


上の画像の様に、支店が地図上で表示されるので「このお店行きたかったけど、遠くて行けない。近くに支店がないかな?」と調べるときにとても便利そうです。



香港人に人気なお店が分かる

ガイドブックなどで紹介されていても実際おいしいのかもう少し情報が欲しくなりませんか?掲載されている料理の写真も2~3枚と少ないですし、みんながどんなメニューを注文しているのか気にもなります。



OpenRiceを使って見てみます。ブックマーク数、レビュー評価、看板メニュー、写真あたりが参考になるかと思います。



先程の『甜姨姨私房甜品(英語名 Auntie Sweet)』を例に見てみると、右上にある数字がブックマーク数ですので3.6K、つまり3,600人がブックマーク中。なかなか人気のようですね。
 

ブックマーク数 


中央にあるマークはレビューの評価で、にっこり顔はおいしかった、OKはまあまあ、泣きべそ顔はおいしくないといった評価でしょうか。(PC版では味、サービス、価格などの内訳が見られます。)


人気メニュー、看板メニューも見れます。   
人気メニュー、看板メニュー



写真タブを選択すればユーザーが撮った写真がずらっと見れますので、現地の人に人気のメニューが分かりますね。   
写真



気になるお店はどんどんブックマークへ

日本の食べログと同様、ブックマークに追加でき後から一覧表示、MAP表示が可能です。行く予定の店舗は登録しておくと現地で便利です。登録にはOpenRiceのアカウントが必要になります。Googleのメアドとパスワードでも登録可能です。(PC版とアプリ版は同期可能です)


ブックマークの仕方は、店舗の詳細ページ右上にあるボタンをクリックするだけです。
  
ブックマークの登録方法 



その他、OpenRiceの特徴

他にもOpenRiceの便利な点に触れたいと思います。


Best Restaurants Awards

Best Restaurants Awards

毎年1ヵ月間の投票によってランキングを決定し、各カテゴリ(デザート店、香港スタイルレストランなど)の上位3店舗が選出されています。グルメな香港人による人気投票ですからきっとおいしいでしょうね。


割引クーポン

いろいろな割引クーポンがあります。行こうと思っているお店でもしかしたらクーポンが使えるかもしれません。要チェックです。

割引クーポン

 

新規オープン店舗検索

オープンした店をいち早く見付けたい方には便利ですね。



Nearby検索(現在地検索)

GPSを使って500m以内の店舗を一覧で見ることができます。



豊富なランキング表示

週間ランキング、アクセスランキング、ブックマーク数ランキング、週間トップスイーツ店ランキングとランキングがいろいろあるので、これを使って選ぶものいいですね。



以上、いろいろとOpenRiceの便利な機能を書いてみました。

他にもお店選びに際し、役立つ情報がいろいろあるのでぜひ実際に使って見てください。

 


現地に行ってもOpenRiceを活用しよう!

現地に行ったらNearby検索(現在地検索)で近場のお店を検索したり、ブックマークした店舗の情報を確認したりいろいろ活用できますが、私が便利だなぁと思うことを2点だけ書いてみます。


ブックマークと現在位置表示で絶対に迷わない!

 現在位置表示  

向かおうとしている店舗をブックマークしておけば地図上でマークされ、自分の現在位置も表示されますので迷いません。(上の画像は帰国してからのキャプチャですので現在位置が青く点灯していません)


裏グルメのようなお店は大通りから一本入った通りにあったりするので、紙の地図だけでは見つけいくいです。旅先で迷うとかなり体力を消耗してしまいますから目的地にスムーズに着くことは大事ですよね。



Google Mapでもマイプレイスに登録して同じようなことができますが、お店を検索、情報をチェック、ブックマークに登録、目的地と現在地を地図で確認ということをすべて一つのアプリでできるのでOpenRiceが便利だと思います。

現地でOpenRiceを使うには
ネットに繋がる必要があるので香港で通信可能なSIMが必要になりますのでご注意下さい。



漢字メニューが読めなくても注文できる!

外国人が多く行くお店なら英語表記のメニューもありますが、中国語表記のメニューしか置いていないお店も多いです。ぎっしり漢字ばかり並んだメニュー一覧から希望のものを探して店員さんに伝えるのはなかなか大変ですよね。

   

 漢字メニュー表

3日目に行った地元密着型の點心専門店 新興食家では、そもそもメニュー表自体がありません。そのようなお店ではOpenRiceの写真を見せて注文するととても楽ですし、スタッフにもちゃんと伝わります。

   
写真で注文 

写真を見せながら指して「これを1つ、これを1つ」と注文します。

これはお店で相席したタイ人のカップルさんがそうやって注文していました。彼らはブログの写真を指さしていましたが、OpenRiceの方が写真が多いので便利ですね。


でもまぁ、海外で現地の言葉が話せない中、知っている単語や身振り手振りで一生懸命コミュニケーションを取ろうとするとなんとか伝わるもので、それが楽しかったりするのですが。。。




まとめ

何度も香港に通われていて自分でお店を開拓できる、またはお気に入りのお店が決まっている香港通の方は苦にならないかもしれませんが、私と同じような香港に詳しくない方にとってどこで食べるかを決めるのはなかなか大変です。



本記事では、数ある飲食店の中から、おいしい店を選ぶのに役立つ2つのことを紹介しました。


・香港通の池上さん厳選のお店を「香港路地的裏グルメ」、「香港女子的裏グルメ」でチェック。裏情報も知って気分を盛り上げましょう。

・「OpenRice」を使って最新の情報や人気店もチェックしてブックマークへ。これさえあれば大きいガイドブックいらずで迷わずお店へたどり着き、スムーズに注文!




ぜひ使えそうだと思った方は次の香港旅行で活用してみてください。



※OpenRiceは香港以外にも、マカオ、台湾、日本、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、中国とこれだけありますので、興味のある方はチェックして見てください。


関連記事


覆面モニターでポイントを獲得する方法

この記事では、覆面モニターでポイントを獲得する方法を解説します。外食が好きな方にはもってこいの方法です。 それでは、覆面モニターとは何かから説明します。

関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。